ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

埋設配管の根切り埋戻し(2)


1.仕様及び施工法
1)山止め、支保工組立図及び組立て順序の例を示す。
(1) 山止め・支保工組立図の例   (2) 使用材料
(3) 組立ての順序例
① 1,500まで機械等で素堀りを行う。
② 矢板を打込み上段の切張りを入れる。
③人力で掘削しながら矢板を打ちこんでいく。常に根入れは15cm以上を保つ。
④下段切張り予定位置より少し掘り下げた時点で下段切張りを入れる。
⑤所定の位置まで掘削が完了する以前に、矢板を所定の深さまで打込み、床さらえを行い堀削を終る。(山止め・支保工完了)
(4) 配管布設後の山止め・支保工の撤去
①下段の切張りの近くまで埋戻し完了後、下段の切張りを撤去する。矢板は常に15cmの根入れを残しながら引き抜く。
②上段の切張りの近くまで埋戻し完了後、上段の切張りを撤去する。なお、土質等の観察の結果土砂の崩壊の危険性がないと判断出来る場合に限り、上段の切張りと矢板の撤去を行うことが出来る。

埋設配管の根切り埋戻し

■JWW-CADファイル.zip(9.50 KB)


■ダウンロードマネージャーへ



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください