ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

塩化ビニル管の接合(接着接合)


1.管端面は専用工具を用いて内外面とも面取りを行い、差込み深さをマークする。管内外の規定幅に接着剤を塗り、マークのところまで確実に差込み、規定の挿入時間を保持し、抜け戻りがないようにする。
呼び径65A以上の場合は、専用の挿入機を使用し、接合するものとする。
図1 ゼロポイント
図2 流動差込み・変形差込み

塩化ビニル管の接合(接着接合)

■JWW-CADファイル.zip(7.06KB)



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です