ONLINE CAD-SHOPJw_cad 配管継手・バルブ・フレキなどのCADデータはこちら!

保温工事注意事項(2)


1.材料及び施工順序の注意事項
1)給水及び給湯用の露出配管で、呼び径65以上の弁、ストレーナ等は、ビス等により容易に着脱出来る金属製カバー(屋外はステンレス鋼板、屋内はアルミニウム板)による外装を施す。
2)ポリエチレンフォーム保温筒又は保温板の使用困難な箇所はロックウール保温帯、グラスウール保温帯又は波形保温板を使用しても良い。
3)ロックウール保温板及び保温筒の使用困難な箇所は、帯又はブランケットを使用しても良い。
4)グラスウール保温板及び保温筒の使用困難な箇所は、帯又は波形保温板を使用しても良い。
5)金属板仕上げの機器類は、必要により鋼枠を使用する。
6)ステンレス鋼板のタンク類は、エポキシ系塗装により保温材と絶縁する。
7)施工種別にて機械室、書庫、倉庫、共同溝の保温については、原紙、アルミガラスクロスに替え、アルミガラス化粧原紙を使用しても良い。

保温工事注意事項(2)

■JWW-CADファイル.zip(2.88 KB)


■ダウンロードマネージャーへ



Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください